普段から太っていて、これ以上太らないように
食べるのを控えたくても、どうしても食欲が抑えられない・・・
空腹感を簡単になくして効果的なダイエット方法があります。
食べずに空腹感を抑える方法と、食べる量を抑えるコツをまとめました。

空腹感は脳の「摂食中枢」の働きによってつくられる。

食欲をつかさどっているのは、脳にある満腹中枢(ちゅうすう。満腹感を感じる場所)と、摂食中枢(せっしょくちゅうすう。空腹感を感じる)のバランスです。
食事をした場合、血液が食事中に含まれる糖分を吸収して脳に運んでいきます。
そのとき、血液中の糖分の割合=血糖値が上昇し、満腹中枢を刺激して「満腹ですよ」という信号を出してくれます。
その時に、食欲が抑えられるのです。
つまり、満腹だと感じる一番の刺激は、「血糖」なのです。
血糖値が上がる事で満腹感が、血糖値が低下してくると空腹感が刺激され、そのバランスを計るために、インスリンというホルモンが分泌されます。

10分で出来る食欲や空腹感を抑える8つの方法1. その場ダッシュを20回繰り返すことで「空腹感」を抑制する

「約10秒間のその場ダッシュ20回」運動もアドレナリン放出を促し、血糖値の上昇につながります。
小腹が空くと、思わずつまみ食いをしてしまいダイエットに失敗し続けていたという方に、「その場ダッシュ20回」という事を試していただいたところ、40日間で3.7kgの減量に成功しました。

その場ダッシュがきつい人には、スローステップ運動1分間であっても同様の効果がありました。

空腹感を感じているまさにその時に、興奮したりストレスがかかると、 アドレナリンが分泌されて肝臓にためていた糖を血液に流して、血糖値を上げます。
すると脳は、すでに栄養は十分に足りていると思い込んで空腹感が消えるのです。
緊張や興奮をつかさどる脳の「交感神経」が活性化されると、空腹感が失われると言われています。
恋愛や悩みごとで食欲がなくなるケースが存在するのは、こういう理由だったんですね。

どんな、走りをするの? そう考えたのでしたら!

まずは立ってくださいね、
その場で、かけっこする感じで10秒間足を上げるだけ!
無理してやらなくてもいいですよ。
その場でかけ足するだけで、アドレナリンが分泌され、血糖値は上ります。すると脳は十分に栄養は体にあると錯覚して空腹感 が消失するんです。

ブドウ糖を水に入れて飲むよりも、即効性があるため食べたい気持ちはすぐになくなります。

できれば、その場ダッシュは元気よくやった方がアドレナリンを素早く分泌します。

関連するまとめ

【短期間集中型】モレノ式ダイエットの効果と成功の秘訣<パート2>

17日間、あるメニューにそった食事や運動をすることで短期間で体重を減らす

yu / 817 view

ダイエットは苦手?三日で挫折、そんな習慣も辞めたい!けれども、ダイエットを「続けてい…

ダイエットを継続的に行い習慣とする5つの方法を紹介します。 ダイエットだけに限らず、美しい肌を保つための生活…

ponki / 372 view

「お腹空いた!また何か食べたい!」空腹には要注意!<パート1>

さっき食べたばかりなのにまたお腹空いた、また何か食べよう!という経験ありますよね。ちゃんとご飯を食べても、お…

kao♡ / 365 view

関連するキーワード

kao♡

フィルムカメラにはまってます!花と猫を撮るのが好きです☆