お金をかけずに出来ることも自転車ダイエットのメリットです。

スポーツジムなどにかかるコストも必要ありませんし、エステ費用もいりません。
通勤、買い物、訪問など、これまで公的交通機関を利用していた方も、その費用がかからなくなるのが自転車ダイエットです。

自転車で移動するのは、 ウォーキングやジョギングと同じく有酸素運動です。

酸素を体内に取り込みつつ脂肪を燃やし、全身の心肺機能向上につながります。
血圧を下げたり血糖値の改善も期待できますし、脂肪を燃焼しやすい体質に改善できます。

自転車を使った方法だとすぐには効果が表れないので1週間や10日で体質改善が終了するわけではないですが、体に負担をかけないでいつの間にか引き締まったボディになっているダイエットです。

美しくなりたい!と自転車に固執する女性も増えています。

可愛いデザインの自転車、軽量の自転車など、近頃は女性も色々と選べるようになっています。

街でも、颯爽と走ってる女性の姿をよく見かけるようになりましたよね。

カッコよい自転車、色鮮やかでカワイイ自転車が気になる……。

颯爽と走ってみたいとか、いつもより少しだけ遠くへでかけたい気持ち。

“動きたい!代謝をアップしたい!汗をかきたい!”行動的な人が多く、美しくなるのを意識して自転車に乗る傾向が強くなっています。

高いダイエット効果の自転車の乗り方の注意点

タイヤの空気圧をしっかり調整。

空気圧のチェックをしましょう!

快適な運動ができるように、また、パンクの予防のためにも、しっかりとタイヤの空気の点検をしましょう。

タイヤの空気圧はタイヤの側面に印字されているので要確認。

タイヤは変形する際にエネルギーを消費します。

ちゃんと空気を入れてタイヤ変形による路面抵抗を抑えましょう。

あまり高い空気圧にすると乗った具合が固くなります。

パンクのリスクだけではなく、カーブを曲がるときの安定性が落ちるなど、メリットはひとつもありません。

サドルの高さを最もよい所にする。

サドルは、やや高めに合わせる!

キレイなフォームで乗るために、正しいポジションで自転車に乗ることが重要。

足を伸ばした状態で、ペダルが最下に来たときにかかとがペダルに付く位置になるよう、サドルを調節しましょう。

サドルが低いと、太ももの前やふくらはぎに力が入り、太くなってほしくない部分が太くなります。

圧迫されて痛いのなら、サドルが合っていない可能性大です。入っているクッションの量や、柔らかさ、前部にくぼみや穴が開いている、などの違いを理解して、自分に合ったサドルを選びましょう。

まずは自分に適したサドルを探しましょう。

関連するまとめ

肩甲骨はがし伸縮方法!肩こりバストアップに有効!<パート1>

肩甲骨ほぐし方法は、セルフ(一人)で効果的伸展できます。 しつこい肩こりからなる偏頭痛の痛みやバストアップ、…

Saori.A / 398 view

フラフープダイエットにて下半身痩せを成功させる効果的な回し方<パート4>

フラフープダイエットの効果でくびれを作りたい方や下半身痩せをしたい方が成功した人気が高いダイエット方法です。…

ma_ki_05 / 822 view

腰回りダイエット1日10分で簡単にくびれ美人へ<パート1>

日ごろはあまり動かすことのない腰回りは、脂肪などがたまりやすい箇所の一つ。 しかしその分、意識をして動かすこ…

yu / 414 view

関連するキーワード

yu

おしゃべりが大好きな専業主婦です。最近はアクセサリー作りに夢中です♪