睡眠する

生活習慣の中で大事なのはしっかりと睡眠を取るということです。睡眠が不足しちゃうと、食欲が旺盛になったり血糖値が不安定になったりし太りやすくなります。
姿勢などが悪いと実基礎代謝などもダウンしてしまうんです。姿勢は骨と筋肉により支えられます。特に背筋をまっすぐ伸ばすという行為などは、実は背筋や腹筋などの筋肉を使っています。

海外での研究によれば、肥満度は7時間~8時間眠る人が最も低く、それよりも睡眠時間が短くても長くても肥満度が高くなります。どの程度違うかというと、5時間睡眠の人は肥満率が50%上昇し、4時間以下の睡眠では恐ろしい事に73%も上昇してしまいます。

ながら食べは太る原因になります。

朝・昼はしっかりと食べて、晩ご飯を控え目にする。寝る前2時間は食べないようにする。どちらもとっても良いダイエット方法
就寝する前というのは代謝が激しく低下している時なので、食べたものなどが全て身になってしまいます。よって、なるべく食べないように心がけます。

夜遅く食事すると太る

最近の 研究で、「夜遅く食べると体重が増える」ことが分子レベルで実際に証明されてきています。
DNAに繋がっているBMAL1と呼称されるたんぱく質は体内リズムと密接な関連があり、午後10時ごろから増加し、脂肪を蓄える『司令塔』として機能します。
それから朝になるとこのBMAL1は低下してくるのです。

関連するまとめ

40代から50代女性のダイエット成功方法!食事や運動は?<パート3>

40代近辺の女性というのはホルモンのアンバランス化や代謝の低下などが要因となり、急激に体重が増大する原因とさ…

morishita / 335 view

高校生ダイエットが注目!10代が速やかに痩せる方法<パート3>

高校生、大学生などの10代のダイエットに注目が集まっています。思春期で、周囲の目が気になるお年頃です。他の人…

neilin / 397 view

高校生ダイエットが注目!10代が速やかに痩せる方法<パート1>

高校生、大学生などの10代のダイエットに注目が集まっています。思春期で、周囲の目が気になるお年頃です。他の人…

neilin / 448 view

関連するキーワード

morishita

人生は上々だ